18:37 2021年03月08日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 213
でフォローする

日本の緊急事態宣言は2月7日に期限を迎えるが、日本政府は3月7日まで延長する方向で調整に入った。宣言は現在、11都道府県で発出されているが、感染状況が改善している栃木県は解除を検討しているという。日テレニュース24が伝えている。

日本政府に近い筋の談話として、同テレビは「延長しないと考えている人はいない。3月7日まで1カ月延長するのが基本線だ」とのコメントを伝えた。

ただし日本政府は、宣言延長後、感染状況や医療体制などが改善すれば期限を待たずに前倒しで解除する方針だという。

宣言が発出されている11都道府県のうち、栃木県では感染状況が改善しており、解除を検討。

日本政府は来週早々に諮問委員会を開き、専門家の意見を参考にしたうえで延長する地域や期間について最終決定を行う。

関連記事


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
日本, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント