20:49 2021年03月03日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 11
でフォローする

英アストラゼネカ社は2021年の第1四半期、欧州連合(EU)に対し追加で900万回分の新型コロナウイルスワクチン(オックスフォード大学と共同開発)を供給する。ワクチンの供給は予定よりも1週間前倒しで実施される見通し。欧州委員会のウルズラ・フォン・デア・ライエン委員長がツイッターへの投稿で明らかにした。

ライエン委員長によると、アストラゼネカ社はおよそ900万回分のワクチンをEUに追加で供給することとなった。

これで同社が第1四半期の間でEUに供給するワクチンの量は4000万回分となった。EUは全期間をとおしてアストラゼネカ社との間に4億回分のワクチン供給に関する契約を結んでいる。

アストラゼネカ社は当初、第1四半期の間でEUに8000万回分のワクチンを供給することになっていたが、生産能力が追い付かないとして3100万回分になると通知していた。ただし、今回の決定を受けて、EUに出荷されるワクチンは合わせて4000万回分になった。また、供給開始時期は予定よりも1週間前倒しで行われる見通し。

ライエン委員長によると、アストラゼネカ社は今後、EU域内における生産能力を向上させるという。

ワクチン供給量の減少を受けてEUでは反発が起こっていた。EU加盟国の政治家らは企業側に対し、予定通りの供給を行うよう要請した。これに対しアストラゼネカ社は契約の内容について、契約上の義務ではなく、あくまでも供給可能な理論値にすぎないと説明してきた。

先にライエン委員長は欧州医薬品庁(EMA)によるアストラゼネカ・ワクチンの検査が終了したことを明らかにし、EU域内での利用を許可する方針を示した。

関連ニュース

タグ
Moderna, 新型コロナウイルス, 欧州連合, 欧州
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント