21:29 2021年03月03日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 98
でフォローする

現在、中国湖北省の武漢を訪れている世界保健機関(WHO)の調査団に、ロシア代表として参加しているサンクトペテルブルク疫学・微生物学研究所のウラジーミル・デドコフ副所長は、新型コロナウイルスの流出が疑われている中国武漢のウイルス研究所は非常に高いレベルで管理されており、ここからウイルスが流出することは考えにくいとの考えを示した。

武漢を訪問しているWHO調査団は、3日、武漢ウイルス研究所を訪れた。調査団は、ウイルスが「流出」した、あるいは新型コロナウイルスが人工的に作られたと言われるBSL4実験室にも立ち入った。調査団によると、BSL4は高いレベルのセキュリティが敷かれているという。

デドコフ氏は、WHOのミッションにとってこうした施設を訪れ、いかに組織されているかについて職員らから話を聞くことは非常に重要であったとした上で、管理は行き届いている、なぜこの施設が批判されているのか分からない、ここからウイルスが流出するとは考えにくいと述べた。

またあらゆる可能性は否定できないが、何よりこの研究所から流出したという証拠は、直接的にも間接的にもないと強調し、研究所には優秀な職員らが勤務しており、長年にわたり様々なウイルスについて研究を行なっていると評価した。デドコフ氏によれば、研究所は調査団にすべてを公開し、必要なものはすべて見学できたとのこと。


コロナウイルスの発生源をめぐっては、研究所から流出した可能性が何度も指摘されている。Foxニュースは4月、新型コロナウイルスの感染拡大を引き起こした「初期段階の患者」は中国湖北省武漢市のウイルス研究所の職員だったと報じた

関連ニュース

タグ
WHO, 中国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント