01:50 2021年05月12日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 14
でフォローする

世界では新型コロナウイルスのワクチン接種者数が感染者数を上回った。世界保健機関(WHO)のテドロス・アダノム事務局長が5日の記者会見で明らかにした。ただし、ワクチン接種が始まったのは経済大国が中心で、ワクチン接種の1回目さえ始まっていない国はおよそ130ヵ国に達する。

テドロス事務局長は会見で、ワクチン接種が驚異的な速度で進んでいる点を評価した一方、1回目のワクチン接種さえ始まっていない国はおよそ130ヵ国に達するとして、ワクチン供給の公平性を実現する必要性を指摘した。

世界ではワクチン接種回数が感染に関する情報の数を上回った。これは良いニュースであり、これほどの短期間で成し遂げた達成としては驚異的である。しかし、これらワクチンの4分の3以上はわずか10ヵ国に集中しており、これらの国々のGDPは世界全体の60パーセントを占める。

テドロス事務局長によると、ワクチン接種が始まっていない国は世界でおよそ130ヵ国で、そうした国々の総人口は25億人に達するという。そのうえでテドロス事務局長は高齢者や持病のある人、医療従事者に対するワクチン接種を完了した一部の国々に対し、国内での集団接種を開始する前に、ワクチン接種後進国への供給を優先させるよう呼び掛けた。

関連ニュース

タグ
WHO, Pfizer, 新型コロナウイルス, Moderna, ワクチン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント