18:25 2021年03月08日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 22
でフォローする

ロシア動植物衛生監督庁は今年4月に動物向け新型コロナウイルス用ワクチンの開発について発表を予定している。まずはじめのワクチンは肉食獣向けとなる。

ミンク
© REUTERS / Ritzau Scanpix / Mads Claus Rasmussen
同機関の相談役であるユーリー・メラノ氏によれば、現在、ワクチン開発は最終段階にあり、このワクチンはすべての動物が対象にされるという。

実験はネコやイタチ、キツネ、犬を対象に実施された。ペットに関しては、犬の感染は少なく、猫は症例がより多く報告されている。

今日、接種の対象となったすべての動物で100%抗体が形成されたことが実験によって示された。

関連ニュース

タグ
新型コロナウイルス, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント