10:33 2021年02月28日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

フランスでは新型コロナウイルスの新規感染者のうち、20~25パーセントの人が英国型の変異種に感染していることが分かった。オリビエ・ベラン保健相が11日の記者会見で明らかにした。

フランス国内では英国型、南アフリカ型、ブラジル型の変異種が検出されており、ベラン保健相は11日の記者会見で懸念を表明した。

いずれも通常の新型コロナウイルスよりも感染力が高いことから、警戒を呼び掛けている。特にフランスでは英国型が猛威を振るっており、新規感染者の20パーセントから25パーセントが英国型の変異種だという。変異種が感染の主流となる場合、新たな感染拡大の波が発生すると警告している。ただし、現在のワクチンは変異種にも有効であるとして、集団接種の効果については楽観的な見方を示した。

なお、南アフリカ型とブラジル型の変異種は全体の4パーセントから5パーセントに留まっているという。

フランスで累計感染者数は330万人を超え、死者は8万人に達している

関連ニュース

タグ
新型コロナウイルス, Moderna, ワクチン, フランス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント