06:24 2021年10月19日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 30
でフォローする

カザフスタンがロシアの新型コロナウイルス用ワクチン「スプートニクV」の承認を行なった。同ワクチンは今週末までにすでに欧州やラテンアメリカ、中東、アフリカ、アジア、北米の27ヶ国で承認を受けている。

同ワクチンのツイッターアカウントで、「カザフスタンは『スプートニクV』を承認した27番目の国となった」と発表された。

​同日、ベラルーシ保健省が「スプートニクV」を60歳以上の人への接種に使用することが報じられた。

この間、ロシアの新型コロナウイルス用ワクチン「スプートニクV」は、各国の規制当局が品質面で推奨する世界的な3大製薬の1つとなったことが伝えられている。

関連ニュース

タグ
カザフスタン, 新型コロナウイルス, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント