17:56 2021年03月08日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 10
でフォローする

イスラエルでは、新型コロナウイルスのワクチンを接種した市民の「グリーンパスポート」が2月21日から発行される。イスラエル保健省の発表で明らかになった。

イスラエルでは2月21日以降、グリーンパスポートの制度が始まる。

新型コロナウイルスのワクチンを接種した市民や、ウイルスへの感染から回復し、抗体が確認されている市民は「グリーン基準」の適合者と政府によって登録され、スポーツジムやコンサートホール、ホテル、シナゴーグを訪問することが可能となる。

また、イスラエルでは、一部の職業で新型コロナウイルスのワクチン接種や、48時間ごとのPCR検査が義務化されるという。ただし、政府としてはワクチン接種を市民には義務付けておらず、ワクチン接種を拒否する市民に対する罰則なども設けてはいない。

現在、保健省はグリーンパスポートの発行に向けて用意を進めている。

関連ニュース

タグ
Pfizer, 新型コロナウイルス, Moderna, ワクチン, イスラエル
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント