13:58 2021年03月05日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 35
でフォローする

新型コロナウイルスのワクチンに関する世論調査で回答者の7割が接種を希望していることが判明した。時事通信が実施した2月の調査で明らかとなった。

接種の希望者は70.1%に達し、接種を望まない人は17.5%だった。その一方で、副反応に対する疑念も一定示された。副反応が不安と回答した人は75.5%、不安を感じていない人は23.2%だった。

NHKが2月初旬に実施した世論調査では、ワクチンによる感染収束を8割近い人が期待していることが示された。

調査対象者の24%が大いに期待すると回答し、ある程度期待の54%と合わせると、8割近くが期待していることが判明した。期待しないと回答したのは2割以下だった。

18日、医療メーカーのニプロは、米ファイザー社製コロナワクチンを1瓶あたり6回接種できる注射器の増産を行なうと発表した。


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス, 調査, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント