03:59 2021年05月15日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 01
でフォローする

英国は早急に新型コロナワクチンを貧国に届ける必要があると、世界貿易機関(WTO)のンゴジ・オコンジョ=イウェアラ新事務局長が要望した。同氏はWTO初のアフリカ出身で女性の事務局長となる。BBCが報じた。

イウェアラ事務局長は、「私は、すべての『英国人』が接種を受けるまで、ワクチンの余剰分を待たなければならないとは考えない」と発表した。同氏によれば、この戦略は貧国だけでなく、富裕国の関心にも応じることになるという。

同事務局長は、今年の半ばまでに富裕国の半数の国民がワクチン接種を受けず、貧国が接種を行えなかった場合、世界経済は9兆ドル(約951兆円)の損失を生むリスクがあるとコメントした。また、同事務局長は、「この損失の半分を貧国がこうむることになる」と指摘した。

ンゴジ・オコンジョ=イウェアラ氏のWTOの新事務局長への就任は15日に報じられた


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス, WTO
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント