18:54 2021年03月08日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 61
でフォローする

メガネは新型コロナウイルスの感染を予防するため、メガネをかけている人はかけていない人よりも新型コロナウイルスに感染しにくいことがわかった。サンデー・テレグラフが、インドの研究者たちが実施した研究を引用して報じた。

研究者らによると、メガネをかけている人はかけていない人と比べて目に触れる回数が少なくない。研究者らは「人が顔を触る回数は1時間当たり平均23回、目に触れる回数は1時間当たり約3回目だ」と指摘し、メガネは顔を触る回数を減らすと説明した。

研究者らは、メガネが粘膜を通じてコロナウイルスが感染するリスクを低減する保護バリアとなり得ることを証明した。研究者たちは、メガネを1日に8時間以上かけている人は新型コロナウイルスに感染しにくいことを明らかにした。

先に研究者たちは、コロナウイルスの色について語った。


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント