14:09 2021年03月05日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 11
でフォローする

過去に新型コロナウイルス感染症にかかったことのある人は、1回のワクチン接種で十分な抗体が産生されることが実験で示された。これを受け、学者らは、既に新型コロナウイルスに感染した人たちの2回目のワクチン接種の必要性について考えさせられた。ウォール・ストリート・ジャーナルが報じた。

メリーランド大学医学部の専門家らは、医療従事者59人を対象とした実験を実施した。過去に新型コロナウイルスに感染した42人には、感染したことがない17人よりも、1回目のワクチン接種後に強力な免疫がつくられた。

平均して、新型コロナ罹患者には1回目のワクチン接種後、2回のワクチン接種を受けた新型コロナウイルスに感染したことがない人と同量の抗体が産生されたという。

ウォール・ストリート・ジャーナルによると、新型コロナ罹患者のワクチン接種回数を1回に変更することで、ワクチンを再配分してより多くの人に行き渡るようにすることが可能となる。

関連ニュース

タグ
ワクチン, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント