23:25 2021年04月23日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 26
でフォローする

イスラエル政府は新型コロナウイルスのパンデミックに伴い導入されたすべての規制措置を4月にかけて段階的に解除する。国内最大のシバ病院訪問後に行われた記者会見でベンヤミン・ネタニヤフ首相が明らかにした。

ネタニヤフ首相は記者会見で、全成人に対するワクチン接種を3月中に完了し、4月には国内における経済活動を全面的に再開させると発言した。記者会見の様子はSNSやイスラエルの各メディアで生中継された。

イスラエルでは5段階にかけて検疫体制の規制が解除されていく。第一段階はいわゆる「グリーンパスポート」の発行で、ワクチン接種証明書の発行手続きが現在進められている。第二段階(3月第2週)では教育活動が完全に再開される。第三段階ではグリーンパスポート所持者の活動制限が緩和される。第四段階(3月末)では16歳以上の高校生を含む、全成人に対するワクチン接種が完了する。第五段階(4月)ではすべての規制が解除され、通常生活が再開する見通し。

ネタニヤフ首相は少なくとも620万人(総人口は923万人)を対象にワクチン接種を行うとしている。

イスラエルでは2020年12月20日からワクチン接種が始まり、翌1月10日には2度目の接種がスタートした。現時点で453万人が1度目の接種を受けており、314万人が2度目の接種も完了している。

イスラエル政府の新型コロナウイルス対策チームは2月14日、国外からの入国者数を1日あたり2000人にまで拡大するとした。ただし、翌週には受け入れ人数が200人にまで縮小されたほか、入国規制の期間は3月6日まで延長された。新型コロナウイルスの変異種が持ち込まれることを阻止するため、ベングリオン国際空港は1月26日から機能が完全に停止していた。

タグ
新型コロナウイルス, Moderna, ワクチン, イスラエル
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント