08:13 2021年04月21日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 130
でフォローする

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は、オーストリアのセバスティアン・クルツ首相と電話会談を行い、ロシア製の新型コロナウイルス用ワクチン「スプートニクV」の供給の可能性について検討を行なった。ロシア政府のプレスサービスで発表された。

ロシア大統領府は、プーチン大統領とクルツ首相は感染症拡大への対応と「スプートニクV」の共同生産の開始について詳細な検討を行なった。電話会談はオーストリア政府の主導で実施された。

2月はじめ、オーストリアの首相は、欧州連合(EU)で承認された場合、ロシアまたは中国のコロナウイルス用ワクチンの予防接種の用意ができたと表明した。また、同首相は、オーストリアでのこれらワクチンの生産化についてコメントしている。

この間、ロシア製ワクチン「スプートニクV」は需要の高い新型コロナ用ワクチンのトップ3に入っている。

関連ニュース

タグ
ロシア, オーストリア, ウラジーミル・プーチン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント