07:59 2021年04月15日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 62
でフォローする

日本政府は1日、中国外務省などに対し日本人への肛門によるPCR検査を免除するよう要請したことを明らかにした。NHKなど日本のメディアが伝えている。

日本の加藤官房長官は、1日午後の記者会見で「在中国日本大使館に一部の日本人から、中国渡航後の検査で肛門によるPCR検査を受けたとの情報とともに、心理的苦痛が大きいなどの意見が寄せられている」と述べた。

そのうえで「肛門によるPCR検査を日本人に対して免除するよう大使館から中国外務省や北京市関係当局に申し入れを実施した」と明らかにした。また、加藤官房長官は「中国以外の国でこうした検査が実施されているかは確認されていない」と強調した。

中国政府側からは検査方法を変更するとの回答は得られておらず、引き続き免除の要請を行っているという。

1月下旬、中国の新型コロナウイルス検査方法で、肛門に綿棒を差し込む方法が導入されたと報じられた。これは、より信頼性が高く、より正確であるという中国の医師らの意見によるものだった。施設で隔離観察を受けている人などに加え、中国への新規入国者もこの検査の対象になるという。

先に、中国に駐在する米外交官がこの肛門検査を受けさせられたという米メディアの報道を受け、米国務省が中国外務省に抗議した。一方、中国外務省報道官は「中国駐在の米外交官に対して中国が肛門検査を受けるよう求めたことはない」と述べた。

関連ニュース

タグ
米国, 日本, 中国, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント