07:45 2021年04月21日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 01
でフォローする

米国の学者グループは、 血液型と新型コロナウイルス感染症の関係について研究を行った。学者グループは、米マサチューセッツ州ボストンのブリガム・アンド・ウィメンズ病院の施設で研究を実施、その結果が3日、米国血液学会の学術雑誌Blood Advancesに掲載された。

研究によると、SARSコロナウイルス(SARS-CoV)と新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の受容体結合ドメイン(RBD)(ウイルスが宿主細胞にどれだけ強く付着するかを決定する)には、A型の血液型の抗原を優先的に認識する能力があるという。

学者チームは、これは新型コロナウイルスがA型の人を「好む」というある種の認識を与える可能性があると指摘している。

一方、学者チームは、これらの結果はA型の血液型が新型コロナウイルスの感染を直接促進することを明確に示してはいないと発表し、さらなる研究が必要だと強調した。

先に、中国の研究者たちも新型コロナウイルスと血液型の関係について調査した。研究結果はこちらからご覧いただけます


関連ニュース

タグ
新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント