16:28 2021年04月15日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 03
でフォローする

米モデルナ社の新型コロナウイルスワクチンは、1回目の接種から10日以上経過した後に皮膚の炎症や発疹を引き起こす可能性がある。医学雑誌『ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン』にて研究者らが指摘した。

米国の医師団は「12人の患者に関して、ワクチン接種に伴う局所的および全身症状が完全に解消した後、注射部位の近くに同様の反応が見られた」と報告している

発疹は初回接種から4日後から11日後の間にあらわれ、平均すると8日後に生じたとされている。

同誌のウェブサイトには、同様の反応があらわれた12人の患者全員の患部の写真が表に掲載されている。

こうした問題が生じたにもかかわらず、医師は患者に2回目のワクチン接種を行い、接種を完了するよう説得した。2回目の接種後、3人に同程度の皮膚の炎症が起こり、さらに3人にはより軽度の炎症がみられ、残りの6人は痛みを伴わずに2回目のワクチン接種を受けた。

2月下旬、スイスで国内医薬品市場の監督を行うスイスメディックが副反応について報告された364件の事例について検討を行い、154件がモデルナのワクチンと関連していると発表した。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
ワクチン, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント