17:40 2021年04月21日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 03
でフォローする

京都府宇治市にある宇治徳洲会病院は、米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンの接種について、インスリン用の注射器を使えば1瓶から想定よりも多い7回分の接種が可能になると発表した。NHKなどの日本のマスコミが報じた。

NHKによると、ファイザー製のワクチンは、通常の注射器で5回分、特殊な注射器でも6回分しか接種できないが、インスリン用の注射器は液体が中にほとんど残らないため7回分の接種が可能となる

なお、新型コロナワクチンの接種は筋肉注射で行われるが、インスリン用の皮下注射器は針の長さが短いため、宇治徳洲会病院では接種の前にエコー検査を行って腕の皮下脂肪の厚さを測り、針が筋肉へ届くことを確認できた人に限って使用しているという。

関連ニュース

ロシアンルーレット? 「スプートニクV」の開発者、EMAに謝罪を要求 ワクチンに関する発言に対して

タグ
ワクチン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント