03:13 2021年09月22日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 40
でフォローする

オランダは英製薬大手アストラゼネカ製コロナウイルスワクチンについて、国内における同社ワクチンの使用を一時停止する。オランダ保健・福祉・スポーツ省が発表した。

発表によると、アストラゼネカ製コロナワクチンの使用を3月15日朝から28日までに停止する。

オランダでは14日、24時間当たりの新規感染者数が6400人に達し、1月14日以来の最多となった。

欧州では、アストラゼネカ製の新型コロナウイルスワクチンについて、接種後に血栓ができる事例が複数報告されたとして、接種を一時見合わせる動きが出ている。先に、アイルランドの国家予防接種助言委員会はアストラゼネカ製コロナウイルスワクチンの使用を一時停止するよう勧告した。一方、韓国は11日、アストラゼネカ製の新型コロナワクチンの接種対象を65歳以上に拡大すると決定した。

11日、副作用の発症を研究するオランダ薬剤監視センター(Lareb)は、アストラゼネカ社製の新型コロナウイルス用ワクチンの接種を受けた患者に血栓症の疑いが生じたとする情報を受けた。

関連記事


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
ワクチン, 新型コロナウイルス, オランダ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント