00:11 2021年04月19日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 60
でフォローする

ドイツは予防策としてアストラゼネカ製ワクチンの使用を一時停止し、続いてフランスのマクロン大統領も16日までの間、同社のワクチンの投与を一時停止すると発表すると、今度はイタリアが国全域でアストラゼネカ製ワクチンの使用の禁止を発表した。

独医薬品規制当局パウル・エールリヒ研究所はアストラゼネカ製ワクチンの接種後、血栓が生じたとの報告を受け、この問題を補足的に調査する必要があるとして、同社のワクチンの使用の一時停止を決定した

ドイツの決定の後、今度はマクロン仏大統領が16日火曜日まで同ワクチンの使用の一時停止を宣言し、その時までに欧州医薬品庁からの進言が得られるだろうとの期待すると補足した。

これまでの報道では、アストラゼネカ製ワクチンの安全性についての世界保健機関(WHO)独自の鑑定結果は1週間以内に出るとされている。

関連ニュース

タグ
ワクチン, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント