17:03 2021年04月21日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 013
でフォローする

ロシアの新型コロナウイルスのワクチン「スプートニクⅤ」の開発者らが米保健福祉省の出した報告書をの一部に、米国の役人らがロシアのワクチンを購入しないようブラジルに説得を図っていた事実が記載されたことを指摘した。スプートニクⅤのツィッターに明らかにされている。

報告書は、国外の外務関係の事務所がロシア、キューバ、ベネズエラなど北米、南米で「米国の安全保障を損ねるよう」影響力の伸長を図る諸国に対抗するため「外交関係を利用した」と書いている。

米国はこうしたやりかたを用いて同地域の諸国がこれらの「悪だくみの」諸国からの救援を断るよう説得を図った。スプートニクⅤの開発者が一例として挙げたところによれば、ロシアのワクチン拒否をブラジルに説得するために米国の健康問題担当の外務関係の事務所が利用されていた。

ロシアのワクチンのツィッターには次のように書かれている。

「米保健省は『スプートニクⅤ』の件でブラジルに圧力を行使したことを公に認めた。我々は人命を救うために諸国は協力すべきだと考える。」

「スプートニクⅤ」開発者らはまた、こうした行為は「倫理に反し、人命を損ねる」と強調している。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。 

タグ
新型コロナウイルス, ワクチン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント