07:35 2021年04月21日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 21
でフォローする

ゆっくり歩く人は、速いペースで歩く人に比べて新型コロナウイルスで亡くなるリスクが約4倍高いことが分かった。英デイリー・メールが、英レスター大学の研究を引用し報じている。

研究者らは、英国のバイオバンク(40〜69歳までの英国民50万人の医療・遺伝子データベース)から41万2000人以上のデータを分析し、新型コロナウイルスの発症率と体重、歩行ペースとの関係を調べた。

その結果、歩くペースが遅い人は、新型コロナウイルスで亡くなる確率が3.75倍高いことが分かった。また、体重が普通レベルでゆっくり歩く人は、太っていても速いペースで歩く人に比べて、新型コロナウイルス感染で重症になるリスクが2.5倍高い。

また、体重が普通レベルでも肥満の場合でも、ゆっくり歩く人の発症リスクは同様に高いことが明らかになった。

研究者らは、歩くペースが速い人は心血管がより健康な状態であり、それが新型コロナウイルス感染の経過に影響を与えている可能性があるが、その正確な要因はまだ不明であると指摘している。

関連記事


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
健康, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント