16:29 2021年04月15日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 11
でフォローする

抗ウイルス薬を服用した新型コロナウイルス感染症の患者は、爪に紫外線を当てると光ることがあるが、その原因はまだ分かっていない。感染症の専門医エフゲニー・ティマコフ氏がスプートニクに語っている。

同氏は、「新型コロナウイルス感染症に対して特定の抗ウイルス薬を服用した患者の爪が光るが、このテーマに関する研究はなく、推測や憶測でしかない」と述べている。

ティマコフ氏によると、爪が光る理由はまだ分からないという。

同氏によると、この現象は非常によく見られるが、新型コロナウイルスに感染した人全員が対象ではなく、抗ウイルス剤を服用した人を対象としているため、この特徴は新型コロナウイルスの症状とはいえないという。

またティマコフ氏は、光るのは手や足の爪だが、爪が伸びると次第に光らなくなっていくと説明している。

新型コロナウイルス感染で足に異常な症状が現れることについては、すでに医師が指摘している。それによると、足の指が赤くなる症状は、新型コロナに感染している可能性を示している。

スプートニクは以前、新型コロナウイルス感染で皮膚に現れる異常な症状について報じている。

関連記事


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント