08:06 2021年04月21日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 10
でフォローする

日本の順天堂大学の研究グループなどは19日、新型コロナウイルスに感染した際に嗅覚障害が現れることから、嗅覚が正常かどうかを判定できる「簡易嗅覚確認キット」を開発したことを発表した。NHKが報じた。

順天堂大学医学部の池田勝久主任教授などのグループによると、新型コロナウイルス感染症では、発熱や咳などの症状が出る前やPCR検査で陽性と判明する前の段階でも、嗅覚に異常が出ることが判明しているという。

研究者が開発 鼻だけを覆う新型コロナ用マスク
© Sputnik / Владимир Астапкович

開発された検査キットの容器には、嗅覚のみを刺激する青リンゴとカラメルの2種類のにおいが入っており、正常な嗅覚の人がぎりぎり感じ取れる濃度に調整されている。

また、50歳を境ににおいを感じる最小濃度に相違があることから、50歳未満用と50歳以上用が用意された。

グループは、「新型コロナウイルス感染症の早期診断や無症状感染者の発見の一助となることが期待される」と述べている。

関連記事

タグ
新型コロナウイルス, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント