19:57 2021年04月23日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 41
でフォローする

新型コロナウイルスは、体の血液循環系に強い打撃を与える。その全てを治せる魔法の薬はないが、回復期に血管を穏やかに修復させるにはいくつかの方法がある。内科医のゲオルギー・サペゴ氏が、ラジオ・スプートニクのインタビューで語っている。

新型コロナ感染でウイルス性肺炎を発症し重症化した患者は、血管にひどい炎症が起こり、血液凝固障害を起こす恐れがある。そのため入院して治療を受ける必要がある。サペゴ氏によると、退院後には全ての患者に対してではないが、血栓を防ぐための薬が処方されることもある。

同氏によると、そういった薬が処方された場合、血管を高血圧や障害から守るために特に注意が必要だという。

しかしサペゴ氏は、アスピリンイブプロフェンなどの市販の抗炎症薬を医師の処方なしに服用しないように警告している。これらの薬は、出血を誘発する恐れがあるという。

またその際には、血管に良いとされるビタミンが不足しないように、1日5皿の野菜と果物を中心としたバラエティに富んだ食事を心がけるべきだという。サペゴ氏はさらに、可能であれば定期的に体を動かし、喫煙を止めることも大切だとアドバイスしている。

関連記事


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

 

タグ
医学, 健康
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント