17:34 2021年07月31日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 05
でフォローする

米国ファイザー社とドイツのパートナー企業バイオンテック社は、共同開発した新型コロナウイルス用ワクチンの子ども(6ヶ月から11歳)への使用に向け、臨床試験を開始した。ファイザー社のフェイスブック公式ページで発表された。

発表では、「臨床検査の協力者に対し接種を行なったが、これは6ヶ月から11歳までの子どもの健康におけるファイザー社とバイオンテック社のワクチンの安全性と適応性、免疫性を評価する世界ではじめての検査となった」と述べている。

ファイザー社のアルバート・ブーラCEOは、「父親であり研究者である私は、すべての試験協力者とその両親に感謝したい」とコメントした。

​両企業の新型コロナ用ワクチンは、米食品医薬品局の承認とライセンス登録を受けていないが、16歳以上の国民の新型コロナ予防を目的とする緊急使用が許可されている。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。 

タグ
新型コロナウイルス, Pfizer
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント