02:35 2021年07月29日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 51
でフォローする

ノルウェー公衆衛生研究所は、アストラゼネカ社製ワクチンの接種による副作用に関しては追加的研究が必要であり、4月中旬まで同製薬の使用を中止するとの考えを明らかにした。ノルウェーの公共テレビ・ラジオ局NRKが報じた。

26日、同放送局に対し研究所のカミラ・ストルデンベルグ所長は、「私たちは利用中止を決定し、4月15日までに新たな決定を行なうことを確認した」と語った。

この間、同様の決定がデンマークでも確認されており、一方でスウェーデンやフィンランド、スペインでは一定年齢以上の高齢者に限定して使用を再開している。

一連の欧州各国では、アストラゼネカ社製ワクチンが血栓症を発症させる可能性があるという懸念からその使用が中止されている。しかし、この推測を世界保健機関(WHO)は否定し、同ワクチンとその接種後の血栓症発症には関連がないと表明している。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。 

タグ
AstraZeneca, ワクチン, ノルウェー
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント