17:05 2021年04月15日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 40
でフォローする

ロシアのサンクトペテルブルクでコロナウイルスに感染したネコの治療の資金を集めるためチャリティーコンサートが開催された。このネコは命が危険に晒される合併症を発症した。ロシア連邦ニュース庁がこの件について紹介した。

赤色の毛をしたネコのスニッチ(メインクーン種)がコロナウイルスのある変種に感染。ウイルスは、これまで治療不可と考えられていた腹膜炎を発症させた。スニッチの治療が研究されたが、しかし、それには84本の注射が必要であり、総額が33万ルーブル超(約47万円)となる。

Посмотреть эту публикацию в Instagram

Публикация от #СнитчЖиви 🐈 Котёнок vs FIP (@snitchfip)

スニッチの飼い主はまだ若く、彼らにとってこの額はとても大金だった。それでも彼らは諦めることなく、4月4日に必要な金額を集めるためにコンサートを開催した。その結果、飼い主が集めた金額は注射に必要な金額を超え、彼らはこの資金をネコの腹膜炎とその後遺症について広く知らせるために活用することを計画している。

3月31日、ロシアは世界初の動物向けのコロナウイルスのワクチンを登録した。ワクチンは2020年10月の段階の治験で好成績を挙げていた。このワクチンによる免疫は6か月有効性を発揮する。

4月5日、世界保健機関(WHO)はヒトから犬、猫、ミンク、ライオン、トラ、タヌキへのコロナウイルスの感染がありうることを立証した。

関連ニュース

タグ
動物, ネコ, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント