04:48 2021年04月21日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 41
でフォローする

フィリピンでは英アストラゼネカ製コロナウイルスワクチンと血栓との関連性の報告を受けて、60歳未満の同社ワクチン使用を一時停止した。保健省が発表した。保健省食品薬品管理局(FDA)のドミンゴ局長は、ワクチン使用の一時停止は「同ワクチンが安全ではない、あるいは有効性がないという意味ではない」と強調している。専門家らは「すべてのフィリピン市民の安全を確保したい」と語る。

保健省HPでは「保健省は8日、英アストラゼネカ製コロナワクチンを接種後に血小板が少ない人に血栓が稀にみられるというここ数日の報告を受け、60歳未満への同社ワクチンの一時使用停止に関する食品薬品管理局(FDA)の提言を受け入れた」と発表。

「英アストラゼネカ製コロナワクチンの非常に稀な副作用として血栓を含めるべきとの欧州医薬品庁の提言は承知している。ただフィリピンではこのようなケースは確認されていないため、60歳以下へのワクチン接種を一時停止すべきとのFDAの提言が採用された。現在、国内専門家が検証しており、結果を待ち、また世界保健機関(WHO)の公式見解を待つ」とのドミンゴ局長の説明も掲載されている。

この決定は欧州医薬品庁がアストラゼネカのワクチンと血栓の間の因果関係を認めたことを受けてとられたもの。

これより前、韓国も同様に60歳未満のワクチン接種の一時停止を決定した。


アストラゼネカ社製ワクチンの問題点

これに先立ち、欧州医薬品庁(EMA)は、EUの多くの国でアストラゼネカ社のワクチンを接種した患者が、その後血栓塞栓症の合併症を発症した症例について調査していると発表した。オーストリア、エストニア、リトアニア、ラトビア、ルクセンブルグ

、デンマーク、ブルガリア、ノルウェー、アイスランド、スロベニア、キプロス、イタリア、フランス、ドイツ、スペインなど欧州の多くの国で、アストラゼネカ社のワクチンの使用が停止されている。

タグ
新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント