01:21 2021年05月17日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 05
でフォローする

日本の菅義偉首相は12日の衆院決算行政監視委員会で、新型コロナウイルス対策の「まん延防止等重点措置」を3都府県に適用したことについて、「世界規模の波は想像を超えて厳しい。国民に緊張感を持って対応いただくことが極めて重要だ」と述べた。日本のメディアが報じた。

12日、東京、京都、沖縄の3都府県で「まん延防止等重点措置」が始まった。対象区域の飲食店に20時までの営業時間短縮を要請することなどができる。

菅氏は「飲食店には各府県の判断により、引き続き営業短縮の協力をいただくとともに、席と席との間隔や店内の換気に関してガイドラインの順守をぜひお願いしたい」と語ったうえ、「4月、5月は歓迎会や研修、大型連休と行事の多い時だ。大人数の会食について控えていただくなど感染拡大の防止にご協力いただきたい」とも述べた。

日本政府は今月1日、新型コロナウイルスの緊急事態宣言に準じた「まん延防止等重点措置」を大阪府、兵庫県、宮城県に5日から5月5日まで適用することを決定した。

12日から日本では新型コロナウイルスワクチンの高齢者への接種が始まる。

関連記事


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。 

タグ
新型コロナウイルス, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント