16:52 2021年09月21日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 60
でフォローする

ロシアのプーチン大統領は14日、新型コロナウイルスワクチンの2回目の接種を受けたことを明らかにした。

プーチン氏は同日、ロシア地理学協会の評議員会議で「たった今(中略)2回目の接種を受けた」ことを伝え、「すべてが上手くいくことを願っている」と述べ、さらに「願っているだけでなく、確信している」と指摘した。

プーチン大統領は、同氏の例にならって会議の参加者らも自分自身や近しい人たちのため等にワクチン接種を受けることに期待を表明した。

プーチン大統領は3月23日に1回目のワクチン接種を受けた。ロシアでは同国製の新型コロナワクチン3種類が承認されているが、プーチン大統領が具体的にどのワクチンを接種したのかは明らかにされず、国産の3種類のワクチンはすべて有効で安全だと説明された。プーチン大統領は1回目の接種後、体調は良好だったが、数日間だけ左肩に不快感があったと語った。プーチン大統領は3月末、ワクチンを接種する計画を自ら発表した。

タグ
新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント