00:17 2021年05月13日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 17
でフォローする

ファイザー社のアルバート・ブーラ会長は、新型コロナウイルス用ワクチンの2回目の接種後、6ヶ月から12ヶ月のうちに3回目の接種が必要となる可能性があると表明した。CNBCが報じた。

同会長は、「いずれにしても『2回目のワクチン接種後』、6ヶ月から12ヶ月の間のどこかで『製薬』の3回目の接種が必要になる」と語った

また、ブーラ会長は、今後、ワクチン接種は毎年必要になるとも述べた。このほか、再接種の頻度は、ワクチンにより耐久性をもった新たなウイルス変種がどの程度発生するかによると指摘した。

以前、ファイザー社およびバイオエヌテック社のコロナウイルス用ワクチンには、感染予防だけでなく、拡散を防ぐ効果もあると報じられている。

関連ニュース

タグ
Pfizer
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント