02:45 2021年09月21日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 80
でフォローする

ロシアはコロナウイルス感染の回復後やワクチン接種後の免疫応答を調べる皮膚テストの開発に取り組んでいる。ロシア連邦消費者権利保護・福祉監督庁のアンナ・ポポワ長官がロシア科学アカデミー医学部門の全体会議の中で明らかにした。

今までにないコロナの免疫テストの開発に取り組んでいるのはサンクトペテルブルクのパスツール記念感染症微生物学研究所。テストについてポポワ長官は結核診断に用いるディアスキンテストを想起させると説明している。

皮膚テストは特別な機器を必要としない。ポポワ長官は現在、免疫検査は静脈血から採取した血液で行われていることから、こうした簡易な皮膚テストは児童に対して用いることができると述べている。

皮膚テストは開発者らの中から募られたボランティアに対する試験使用は済み、治験が開始されており、研究者らは秋からの本格的な使用を計画している。

ロシアは3月末に世界初のコロナウイルスの動物用ワクチンを登録した。また2月にはすでに開発されているロシアの「スプートニクⅤ」」を用いた、世界初の経鼻噴霧タイプのワクチンの実験を開始している。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント