00:14 2021年05月13日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 09
でフォローする

日本政府は、新型コロナウイルスの感染が拡大している東京都、大阪府、兵庫県を対象に緊急事態宣言を発出する方向で検討している。宣言が発出されれば2020年4月以来、これで3度目となる。NHK等日本の各メディアが報じた。

大阪府は20日、「まん延防止等重点措置」では十分に感染抑止ができておらず、医療のひっ迫が深刻さを増していることから、さらに強い対策を講じる必要があるとして、緊急事態宣言発出を政府に要請した。

大阪府の吉村洋文知事は宣言が発令された場合、商業施設やテーマパークなど大規模施設への休業を要請する方針。宣言の期間は3週間から1ヶ月程度との案が浮上している。

菅義偉首相は20日夜、記者団に対し「大阪府から宣言の要請が出されており、政府として対応している。状況を精査して対策の中身も検討し速やかに判断したい」と述べた

また、隣接する兵庫県も、大阪府と歩調を合わせる方向で近日中に発令を要請する。

一方、東京都の小池百合子知事は20日夜、「緊急事態宣言について、国との協議にできるだけ早く入るよう副知事にも指示した。この状況をみるとできるだけ早く行う必要がある」と述べた。都は22日にも、緊急事態宣言の発出を要請するとされている。

3都府県に緊急事態宣言が発出されれば、2020年4月今年1月に続いて3度目となる。

関連ニュース

タグ
新型コロナウイルス, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント