07:54 2021年09月21日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 06
でフォローする

スペインのエストレマドゥーラ州でCOVID-19のワクチンの2段階方式の接種を受けた80歳以上の高齢者女性2人がその後、感染して死亡した。

エル・ムンド紙がエストレマドゥーラ州保健課の発表を引用して報じたところによれば、死亡は2件とも4月に起きており、ワクチン接種後、完全に抗体ができて感染し、死亡した例は同州ではこれが初めて。同州では2020年12月27日から接種キャンペーンを展開している。

この2人の他にも3月に1人、1回の接種後に死亡した例が記録されている。

エル・ムンド紙は、エストレマドゥーラ州保健課は2件の死亡を「ワクチンの失敗」と位置付けていると報じている。ワクチンがファイザー製かモデルナ製かについては言及されていない。

関連記事

タグ
スペイン, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント