23:35 2021年05月12日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 14
でフォローする

新型コロナウイルス・ワクチンの接種回数が世界で10億回を突破した。公的データをもとにAFP通信が行った集計で明らかになった。

AFP通信によれば、ワクチン接種は世界で207の国と地域で行われ、その回数は10億293万8540回に達した。

コロナウイルス
© 写真 : Public domain / CDC/ Alissa Eckert, MS; Dan Higgins, MAM

接種回数が多い順に米国、中国、インドと続いている。世界で接種されたワクチンのおよそ58パーセントがこれら3カ国に集中している。

先にブルームバーグが報じたところによると、世界では1日でおよそ422万人がワクチン接種を受けているという。このペースで行くと、国際的に集団免疫を獲得するには数年がかかる見通し。ただし、ワクチン接種の件数は増加傾向にあり、新たなワクチンの登場も期待されている。

関連ニュース

タグ
Pfizer, 新型コロナウイルス, Moderna, ワクチン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント