20:07 2021年05月17日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 15
でフォローする

欧州医薬品庁(EMA)はファイザー製のワクチの接種対象年齢を12歳から15歳の児童にまで拡大する可能性を検討すると発表した。

欧州医薬品庁はこの調査の結果に基づいて、この年齢の児童へのワクチン投与を進言するかどうかを決める。ファイザー製のワクチン投与は現在、16歳以上にしか許可されていない。

これより前、ファイザー社は2021年末までにマイナス20度での保存が可能なワクチンを製造する構えだと報じられている。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
Pfizer, ワクチン, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント