01:02 2021年05月17日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 100
でフォローする

デンマーク政府は米ジョンソンエンドジョンソン社(J&J)が開発した新型コロナウイルスワクチンを広く使用しない決定を下した。デンマーク健康保険管理局の発表で明らかになった。

デンマーク政府はワクチン接種による血栓症形成のリスクがワクチンそのものの効果を上回るとして、J&Jが開発したワクチンを使用しないことを決定した。

デンマーク政府が使用を認めないワクチンとしては、アストラゼネカ社のワクチンに続いて2件目。

ただし、個人が自らの意思でJ&Jやアストラゼネカのワクチン接種を希望する際、これを禁止するものではないという。

デンマークでは接種するワクチンの種類を市民が各自で選べる仕組み作りが5月中に整えられるという。

先にノルウェー政府も同様の決定を下していた。

関連ニュース

タグ
Pfizer, AstraZeneca, 新型コロナウイルス, Moderna, ワクチン, デンマーク
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント