08:13 2021年08月05日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 09
でフォローする

世界保健機関(WHO)のテドロス・アダノム・ゲブレイェスス事務局長は世界の成人人口に対する新型コロナワクチンの接種の費用を見積もった。WHO公式HPに報告されている。

同事務局長は、世界の成人人口の大半に接種を実施するには、来年には350億ドルから450億ドル(約3兆8300億円から4兆9250億円)がWHOに必要になると指摘。この金額は、新型コロナウイルス対策の国際協働の仕組みであるグローバルファンド「ACT Accelerator」に必要な190億ドル(約2兆800億円)に加えて必要になると強調した。

テドロス事務局長は、ワクチン接種プラグラムのグローバルファンドの問題を解決できるのは先進7カ国(G7)首脳のみであるとの見解を示した。G7首脳こそが世界のワクチン接種キャンペーンの加速化に必要な金額の大部分を拠出できると考えている。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報 をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
WHO, AstraZeneca, Moderna, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント