00:38 2021年05月17日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 130
でフォローする

北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)の労働党機関紙「労働新聞」は、新型コロナウイルスワクチンは万能薬ではなく、副作用をもたらすことがあり、国民は長期的な対ウイルス策の強化に備えるよう注意を促した。

労働新聞は国民に対し、ウイルス対策を強化するよう呼びかけた。パンデミックの長期化は「避けられない現実」だとしている。

「多くの国の状況で分かるように、ワクチンは万能薬には程遠い。有効性が高いと思われた一部ワクチンも深刻な副作用を招き、死に至ることもある」と同紙は前置きし、ワクチン接種後もコロナウイルスに感染する可能性があると警告している。

聯合ニュースによると、当初、北朝鮮は5月までにWHO(世界保健機関)のワクチン公平分配の国際的な枠組みである「COVAXファシリティ」を通じて約170万回相当分のアストラゼネカ製ワクチンを受け取る予定であった。ところがCOVAXファシリティは北朝鮮へのワクチン供給が遅れる旨を明らかにした。北朝鮮は現在も、コロナウイルス感染者はいないものの、厳しい感染防止策を継続している。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報 をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス, 北朝鮮
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント