04:13 2021年09月19日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 121
でフォローする

ロシア製コロナウイルスワクチン「スプートニクV」の使用が5月3日からフィリピンで始まった。

首都マニラのモレノ市長がフェイスブックに「マニラ市内でのスプートニクVの展開を始めた。現時点で第1回目の接種に約200人が登録している」と投稿した。

ワクチン接種の優先順位としては、医療従事者が最優先となり、余剰分があれば、高齢者や基礎疾患のある人も優先的に受けることになる。

5月1日、フィリピン当局曰くスプートニクVのトライアル便が到着。

現時点でインド国内の感染者は106万人を超え、そのうち98万4200人以上が回復した。死者の合計は1万7600人。スプートニクVのほか、緊急使用が認められているワクチンは米ファイザー、英アストラゼネカ、中国シノバック、インドのBharat Biotechの各社製。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報 をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス, ロシア, フィリピン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント