05:18 2021年05月18日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 15
でフォローする

米国では急速な勢いで新型コロナウイルスワクチンの接種が行われている。政府は接種のテンポをさらに加速し、独立記念日の7月4日までに成人人口7割の接種を目指す。米ホワイトハウスが明らかにした。

バイデン政権は新たな目標として、ワクチン接種の効率化を目指している。

具体的には、事前登録抜きで接種を可能とするほか、モバイル・クリニックの設置も検討されている。

米疾病予防管理センター(CDC)の情報によると、米国では全人口の32パーセントが2度の接種を完了したほか、人口の43パーセントが1度目の接種を済ませている。

なお、米国では需要が飽和状態となり、ワクチン接種のテンポは速度を落としている。ピーク時には1日で330万人が接種していたが、現在は230万人にまで速度が低下している。米国の人口はおよそ3億3000万人。

関連ニュース

タグ
Pfizer, AstraZeneca, 新型コロナウイルス, Moderna, ワクチン, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント