20:55 2021年06月13日
新型コロナウイルス
短縮 URL
ロシアの新型コロナワクチン (125)
0 50
でフォローする

接種が1回で済むワクチン「スプートニク・ライト」がロシアで登録された。この製薬は接種が2回必要な他の多くのワクチンより効果が高く、79.4%とされる。ロシア直接投資基金(RDIF)が発表した。

発表では、「ワクチン『スプートニク・ライト』の1回の効果は、接種後28日以降で79.4%となる。約80%レベルの効率は2回の接種が必要な多くのワクチンの効果を上回っている」と指摘された。

ロシアのタチアナ・ゴリコワ副首相は、登録後、ワクチン「スプートニク・ライト」は18歳から60歳までの人々で使用されることとなると表明した。同副首相は、「スプートニク・ライト」は「スプートニクV」の代用とされ、新型コロナから回復したが抗体がない人、または抗体価が低い人が対象となると強調した。

ワクチン「スプートニク・ライト」とは、組換えアデノウイルスベクター血清型26(rAd26)であり、「スプートニクV」の最初の1回分となる。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

トピック
ロシアの新型コロナワクチン (125)
タグ
新型コロナウイルス, ワクチン, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント