21:40 2021年06月24日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 14
でフォローする

ドイツ連邦参議院は、新型コロナウイルスワクチンを接種した人や感染から回復した人々に対して制限措置を解除する政令を支持する。議長を務めるザクセン=アンハルト州のライナー・ハーゼロフ首相が明らかにした。

この方針は、今週末にも施行される予定。

この政令により、ワクチン接種を完全に終えた人と回復者は、美容院、動物園、博物館などの様々な施設を訪れる際に求められる定期的な新型コロナウイルス検査が不要となる。

今後ドイツでは、ワクチン接種者と回復者は、検査結果の代わりにワクチン接種証明書(EUで登録されたワクチンのみが認められる)と、新型コロナ感染から6ヶ月以内に実施したPCR検査を提示することになる。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報 をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス, ドイツ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント