10:39 2021年06月13日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 11
でフォローする

東京都が高齢者への新型コロナワクチン接種への対応で会議を開催した。高齢者の接種用ワクチンの全国発送が今週からスタートするが、会議では担い手や会場の不足が指摘された。NHKが報じた。

都によると、参加した区市町村からは接種の担い手や会場の不足などが課題としてあげられ、財政的な支援を求める意見が出されたという。このほかにも、ワクチンの具体的な到着時期を国が示すよう要望が上げられた。

政府統計では、高齢者の接種状況は、都内の高齢者約311万人に対し1回目終了が2万650人(9日現在で全体の0.7%)という到達。政府は7月末までに全高齢者に接種2回を行なうよう考えを示しているが、総務省の調査では3分の1の自治体が7月中の終了は困難と回答している。完了できない理由として担い手不足やワクチンの供給の遅さ、人口の多さがあげられている。

東京都は診療所での個別接種の体制強化など支援策を検討するという。

関連記事

タグ
新型コロナウイルス, ワクチン, 東京
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント