19:47 2021年06月13日
新型コロナウイルス
短縮 URL
ロシアの新型コロナワクチン (125)
0 81
でフォローする

 国連のグテーレス事務総長は、モスクワ訪問を前にロシアメディアのインタビューに応じ、ロシアで開発された新型コロナウイルスワクチン「スプートニクV」について、国連は同ワクチンの使用が医療規制当局によって承認されている国で働く国連職員には、「スプートニクV」の接種を受けるよう呼びかけていることを明らかにした。

グテーレス氏は「『スプートニク』の接種が行われている国で働く国連職員には、同ワクチンの接種を受けることを呼びかけている」と述べた。

同氏は「特にロシアでは、多くの国連職員がすでに『スプートニク』ワクチンの接種を受けた。われわれ自身もそのような機会を得ることを望んでいるが、私たちはまだ世界保健機関による同ワクチンの承認を待っている」と述べた。

ロシアのプーチン大統領は9月、国連総会のビデオ映像による一般討論演説で、ロシアは国連職員に「スプートニクV」ワクチンを無償提供する用意があると述べ、国連からもワクチン供給について何度も要請があったと指摘した。


「スプートニクV」は、すでに60カ国で承認され、その総人口は約30億人に上る。同ワクチンは、政府の規制当局によって承認された数で世界で2番目に多い。このワクチンの有効率は97.6%

関連ニュース

トピック
ロシアの新型コロナワクチン (125)
タグ
ワクチン, 国連
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント