22:55 2021年09月22日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 09
でフォローする

スペイン、バスク州の老人施設で数か月前にファイザー製ワクチンの接種を終えていた女性がコロナウイルスに感染して死亡した。この女性の血液からは抗体は検出されなかった。ポータルEI インデペンディエンテが報じた。

死亡した84歳の女性はビトリアの老人施設に居住しており、2021年の初めにファイザー製のワクチンの2度の接種を終えていた。先日、通常の健康入院の際にコロナウイルスに感染していることがわかったが、接種していたにもかかわらず、血液からは抗体は検出されなかった。女性は無症状だったにもかかわらず数日後には容態が急変し、死亡している。

ビトリア市政府は本件についての情報収集にあたっている。

スペインでは2020年末の12月から現在までに620万人が2段階式の接種を終えている。

こうした一方でEU医薬品庁(EMA)はファイザー製のワクチンの接種対象年齢を12-15歳の児童にまで拡大する可能性が検討されていると発表している。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
Pfizer, 新型コロナウイルス, ワクチン, スペイン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント