22:28 2021年06月14日
新型コロナウイルス
短縮 URL
ロシアの新型コロナワクチン (125)
0 71
でフォローする

世界保健機関(WHO)がロシアで開発された新型コロナワクチン「スプートニクV」の承認手続きを進めていることについて、国連のアントニオ・グテーレス事務総長は、これを承知していると述べた。

モスクワでセルゲイ・ラブロフ外相と会談したグテーレス事務総長は、「スプートニクVが承認されれば、もちろんこれを歓迎する。ロシアが国連職員にスプートニクVを接種する可能性を与えてくれたことを評価している。これは善い行いである。我々は、スプートニクVがワクチン接種の問題解決を促す重要な要素の一つだと考えている」と語った。

ロシア製のワクチン「スプートニクV」は世界64カ国で承認され、その総人口は32億人に上っている。政府の規制当局によって承認された数では世界2番目となっている。

関連ニュース

トピック
ロシアの新型コロナワクチン (125)
タグ
AstraZeneca, 新型コロナウイルス, Moderna, ワクチン, ロシア, 国連
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント