04:21 2021年06月19日
新型コロナウイルス
短縮 URL
新型コロナウイルスの新たな変異種 (46)
0 20
でフォローする

13日、ロシアで初めて新型コロナウイルスのインド変異株の感染例が確認された。ロシア初の新型コロナウイルス用ワクチン「スプートニクV」を開発したガマレヤ国立疫学・微生物学研究センターは、 そのサンプルを入手し、インド変異株に対する自社ワクチンの効果に関する調査の開始を計画している。

13日、ロシアメディアは、新型コロナのインド変異株がウリヤノフスク国立大学の外国人医学生16人で確認がされたと報じた。学生らは、遠隔授業を受けた後、インドから講義を受けるためにやって来ていた。

この日、リアノーボスチ通信に対し同センターのアレクサンドル・ギンツバーグ所長は、インド変異株に対するワクチンの効果の調査は来週開始され、週末には最初の結果を得ることになると語った。

また、同センター所長は、ワクチン「スプートニクV」の効果の期間が8ヶ月から1年まで強化されることが計画されていること、また、西側諸国の医師らに続いて未成年者に向けたワクチンの実験を開始するよう国に要請したことを明らかにした。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

トピック
新型コロナウイルスの新たな変異種 (46)
タグ
ロシア, 新型コロナウイルス, ワクチン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント