23:22 2021年06月22日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 17
でフォローする

デンマークでコロナウイルスのため殺処分となったミンク400万匹が掘り出され、火葬される。サイト「The Local」が報じた。

ミンクの埋葬地近くに暮らす住民らには不愉快な匂いがする可能性があると警告がされた。農業省のラスマス・プレン大臣は、感染症拡大の可能性から平穏を取り戻すため市民にこのことを我慢するよう促した

ミンクのすべての死体は掘り出され、今年の7月中旬までに火葬されることが予定されている。この間、殺処分されたミンクが腐敗し、ガスが発生したことから地中で破裂が起こっていると報じられた。

ミンクの死体が掘り出され、焼却されることについては2020年12月に報じられた。当局はミンクにコロナウイルスの痕跡が残らなくなる時期をうかがっていた。

ミンクのジェノサイド

11月初旬、デンマーク当局は、国内で飼育されていたミンクから新型コロナウイルスの変異種が見つかったため、国内のすべての農場で飼育されているミンク1500~1700万匹をすべて殺処分すると発表した。

殺処分されたミンクは浅い穴に埋められたが、しばらくしてからミンクの死骸が分解で生じたガスに押し上げられて地上に現れる現象が起きた。

多くの住民や政治家は環境災害が差し迫っていると語り、マスコミはこの現象を「ゾンビミンク」と呼んだ。


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
デンマーク, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント